国際税務

  1. 海外取引に関して税金を払いすぎていませんか?

    弊事務所では、海外取引を行っている日系企業のお客さまや他の税理士が作成した申告書をレビューする業務を行っています。業務を行う中で、過去の申告書等を拝見すると、単純に知らなかったという理由で、税金を払いすぎているケースもあります。節税を考える際には、税法上グレーな部分をきわどく攻める前…

  2. 外国人出向者の日本における税金を立替払いした場合に源泉徴収は必要か?

    外資系企業はもちろんのこと、海外取引のある会社にとって、出向者に係る税務は、実務上で間違えやすい税務論点ベスト5に入ると思います。今回は、「米国親会社が負担する外国人出向者の日本における税金を立替払いした場合に源泉徴収が必要か?」という論点を取り上げます。なお、下記内容は、末尾記載の裁決事例…

  3. 税務調査において「海外取引に係る源泉徴収もれ」が最も発見されている項目は?

    税務調査において、「海外取引に係る源泉徴収もれ」が最も発見されている項目は何か、ご存知でしょうか?答えは、使用料です。使用料の支払いについての源泉徴収もれといえば、米国アップルの子会社であるiTunes(東京・港)の事案を思い出される方も多いと思います。2016年9月に新聞報道された…

  4. 輸入事後調査に備えて知っておきたいこと

    輸入取引のある会社は、「輸入事後調査」に備える必要があります。輸入取引を行うことにより生じる「関税」と「輸入取引にかかる消費税」について、「輸入事後調査」が行われるからです。「輸入事後調査」とは、輸入貨物の通関後における税関による税務調査のことです。輸入貨物に関する納税申告が適正に行…

  5. 海外取引のある会社が税務調査に備えて注意しておきたいこと

    日系か外資系かを問わず、お客さまから「税務調査」についてご質問やご相談をいただくことが多いです。今回は、個別の税務論点ではなく、一般的な視点から、海外取引のある会社が税務調査に備えて知っておきたいこと、注意しておきたいことを説明します。税務調査で提出することを念頭にお…

PAGE TOP