外国法人等が日本の会社に出資等を行う場合における、外為法上の事前届出業種範囲が拡大されました

外国法人等が日本の会社に出資等を行う場合における、外為法上の事前届出業種範囲が拡大されました。

外資系企業(日本法人)が、親会社から新たに出資・金銭の貸付を受ける場合には、事前届出が必要になっていないかご留意ください。

以下では改正の概要を記載しますので、詳細は、財務省のウェブサイトをご参照ください。
 

対内直接投資制度における事前届出の概要

外国投資家(外国法人等)が対内直接投資(日本の会社への出資・金銭の貸付や外国法人等による在日支店等の設置等)を行う場合、手続き不要のものを除き、日本銀行を経由して財務大臣および事業所管大臣に事後報告または事前届出を行う必要があります。

対内直接投資については、そのほとんどが事後報告となっておりますが、一部、事前届出が必要とされています。

対内直接投資の事前届出の対象となるのは、以下の(1)、(2)、(3)のいずれかに該当する場合です。

(1) 外国投資家(外国法人等)の国籍または所在国が「日本および掲載国(対内直投命令別表第1)」以外のもの。
(2) 投資先の事業目的が「事前届出業種」であるもの。
(3) イラン関係者により行われる一定の行為に該当するもの。
 

事前届出の提出期限

事前届出は、取引または行為を行おうとする日の前6か月以内に、直投命令に定められた様式により、日本銀行を経由して財務大臣および事業所管大臣あてに行う必要があります。

対内直接投資の事前届出は、財務大臣および事業所管大臣が、わが国の安全等に支障がないかどうかを審査するため、日本銀行が届出書を受理した日から起算して30 日を経過するまでは、届け出た取引または行為を行うことはできません。ただし、その禁止期間は通常 2 週間に短縮されます。

届け出た事項が、わが国の安全等の面で支障があると認められた場合には、財務大臣および事業所管大臣は、その投資内容の変更や中止を勧告することができ、このための審査期間として、禁止期間が最長 5 か月まで延長されることがあります。
 

改正内容

安全保障上重要な技術の流出等、安全保障に重大な影響を及ぼす事態が生じることを適切に防止する観点から、事前届出業種に下記が追加されました。


(出所:財務省ウェブサイト)

 

適用時期

2019年8月1日から適用されます。
経過措置により、8月30日以前に追加業種等に係る対内直接投資等を行う外国投資家は、事前届出は不要となります。一方、8月31日以降に追加業種等に係る対内直接投資を行う外国投資家は8月1日以降、事前届出が必要となります。
特定取得についても同様の経過措置が設けられています。

 

著作権等・免責事項をご確認お願いします。

 

外資系企業の会計・税務についてお困りの方へ
下記のようなお悩みはありませんか?

  • 外資系企業専門の公認会計士・税理士に担当してもらいたい
  • 外資系企業の税務調査で留意すべき事項が、わからない
  • 外資系企業の経理人材が定着しないのでバックオフィス機能をすべて任せたい

もし上記のお悩みがある場合は、どうぞ弊事務所までお気軽にご連絡ください。

 

弊事務所の特徴

  • 外資系企業の会計・税務・給与計算・社保業務、および国際税務コンサルティングを専門としております。
  • 高い品質を維持しつつも、徹底したIT利用や間接費削減に取り組み、リーズナブルな価格を実現しております。
  • 現在、上場企業から、外国人の個人所得税申告まで、国際税務や海外取引に関わる幅広いお客さまとお取引いただいております。

 

個別相談の料金

1回 20,000円(消費税別)

  • 30分から60分程度を想定しています。
  • 非上場企業のお客さま限定のサービスとなります。
  • ご相談内容をメールまたは電話でお伺いし、作業量が多いことが見込まれる場合は、別途お見積りさせていただきます。
  • 個別相談後に顧問契約いただく場合は、個別相談の料金は返金(顧問料と相殺)いたします。

 

ご相談の流れ

Step 1:お問い合わせ
お問い合わせフォームよりご連絡お願いいたします。

Step 2:ヒアリング
メールまたは電話でお悩みや問題をお伺いいたします。

Step 3:お見積り
個別相談料金についてお見積りいたします。

Step 4:業務開始
お見積り金額にご納得いただいた段階でご連絡いただければと思います。
ご連絡いただきましたら、業務開始いたします。

Step 5:お支払い
業務完了後、料金のお振り込みをお願いいたします。
(初めてご依頼いただくお客さまについては、業務開始前までにお支払いをお願いしております)

 

 

 

関連記事

  1. 不動産を保有する外資系企業の税務担当者が知っておきたいこと
  2. 【要点解説】中国子会社への事後的な仕入れの値増し金が寄附金と認定…
  3. 【Profession Journal掲載のお知らせ】外資系企業…
  4. 外資系の税務担当者が再確認しておきたい「PEなければ課税なし」の…
  5. 外国法人の日本支店における文書化義務のまとめ
  6. 【Profession Journal掲載のお知らせ】外資系企業…
  7. 【Profession Journal掲載のお知らせ】外資系企業…
PAGE TOP