【Profession Journal掲載のお知らせ】外資系企業の税務Q&A 米国親会社が日本子会社の株式を譲渡した場合における課税関係(不動産保有あり)

中島崇賢公認会計士・税理士が執筆した記事「外資系企業の税務Q&A 米国親会社が日本子会社の株式を譲渡した場合における課税関係(不動産保有あり)」が、Profession Journal 2018年10月11日 (掲載号:No.289)に掲載されました。

関連記事

  1. 外資系の税務担当者が再確認しておきたい「PEなければ課税なし」の…
  2. 外国法人の日本支店における文書化義務のまとめ
  3. 外国法人等が日本の会社に出資等を行う場合における、外為法上の事前…
  4. 【要点解説】中国子会社への事後的な仕入れの値増し金が寄附金と認定…
  5. 【Profession Journal掲載のお知らせ】外資系企業…
  6. 不動産を保有する外資系企業の税務担当者が知っておきたいこと
  7. 【Profession Journal掲載のお知らせ】外資系企業…
PAGE TOP